エヴァンハヤシがオススメするベアリング10選②

26th Apr 2017 by

先日のアップから早速、なかなかのご好評をいただき、

インスタのコメントやらLINEやら、何件か反響を頂きましたので、

(ありがとうございます)

そろそろ行かせていただこうかと思います!!

 

「ベアリング」は「信頼とコスパ」で選べ!

エヴァンハヤシが完全な私的見解でオススメする、

ベアリング10選  2017決定版、ファイナル!!

 

残る、4位~1位を一挙ご紹介致します!

New Yorkにお店が出来たっていうのにビタイチ触れてなくってすいません…

 

それではスタート!

 

第4位 【FKD Gold ¥3,000-(たぶん…)】

FKD

これはなかなか知らないんじゃないでしょうか。かつてP-RodやRyan Shecklerも所属していたFKD。

エヴァンハヤシがレコメンドする3000円台最強のベアリングです。

この価格で半年以上は余裕で使えますし、速くてシャーっとキレイな回転音も最高。

そして3000円台にありがちなハズレ率も低い。

ただね、もうぎっとぎとなんです油で。パッケージから全部。金ピカだし、ぎっとぎと。

カブトムシが食うゼリーと同じ色の(画像のオイルはマジでフェイク)

絶対中国製でしょっていうくせぇオイルが、

信玄餅の黒蜜が入ってるヤツみたいなミニボトルで付属しており(画像参照)、

もちろんベアリング本体にも惜しみなく使われています。これぞありがた迷惑。

とりあえず買ったらベアリング本体を速攻ハンドソープでキレイキレイしましょう。

洗ったら水気をしっかり切ること。

余談ですが、「水気をしっかり切ること」ってめちゃくちゃ早く言うと「水原希子」って聞こえます。

(滑ったくさい…スケートネタだけに…)

当然ですが、洗う際にはシールドを外しましょう。

FKDには耐久性0のプラスチック製のペラペラシールドが付いています。

ボンタン飴についてる食べれるけど味のしないフィルムくらいペラペラです。あれって意味あるんすかね?

この耐久性0のシールドは使ってるうちに速攻外れて絶対邪魔なので、すぐにプラごみに捨てましょう。

分別は母なる地球のためです。

ただ、外す際にフチにハメてあるアルミ製のシーリングがピーン!と凄まじい勢いで飛び出します。

予測不可能な方向に飛ぶので、場合によっては失明します。お気をつけて。

ちなみに付属しているオイルは、数滴たらすだけでベアリングが重くなって死んでいくので、

ムカつくやつのベアリングにこっそり挿して暗殺してやるといいです。空港とかでね!

 

 

第3位 【二番煎じ Nippon Skate Bearings ¥3,200-】

二番煎じ

どれだけ使っても錆びれない斬れ味。This is ジャパニーズ日本刀。

コレが壊れたなんてマジで聞いたことがありません。そもそも全然売ってないんだけど。笑

ベアリングっていうのは大体つかって1ヶ月くらい経つと速さのピークを迎えるのですが、

二番煎じは2年くらい使ってようやくピークの回転数になります。

普通に使っていけば次のオリンピックまでは使えます。(浅田真央さんお疲れ様でした。)

こんなに安いのにハンパないタフさ。

まるで安い給料で無限に働く、ジャパニーズサラリーマンの如し。

ワーキングプア。終身雇用。缶コーヒーはジョージア。

家庭を顧みず、ただ仕事に生き、やがて過労死で殉職。そう、それがmade in Japanの証。

二番煎じ?いやいやコレは一番煎じですよ。もっと評価されてもいいのになぁ。

 

 

第2位 【BONES SWISS ¥7,500-】

swiss

もはや言うことは何もないですね。

速さ、耐久性、音、ライダー、そして伝統。全てが世界最高のベアリング。

ベアリングって言ったらもうコレしかない。金字塔?大本命?そんなもんじゃありません。

もうこのBones Swissを中心に世界が回っていると言っても過言ではないでしょう。

もはやスケートベアリングの代名詞。

外人がソイソースのとこを「キッコメン(キッコーマン)」って言うのと一緒。

ただ、コレが1位じゃないのは

「ドラえもん」で出木杉くんが最終的にしずかちゃんと結婚できなかったのと同じ理由です。

元Judy And MaryのYUKIもこう歌っていますね。

「完璧なのはかわいくないでしょ?」

 

 

第1位 【BRONSON RAW ¥6,500-】

bronson

ついに来ましたエヴァンハヤシのオススメベアリング2017決定版、堂々の第1位!!

「RAW = 生」その名の通りのシールドレスベアリング。ボールも本能も剥き出し、ノーガード戦法。

スピード、精度、耐久性、音、ライダー陣、どれを取っても宇宙規模でトップクラス。

まさに銀河系最速の名が相応しい、a.k.a.ミレニアムファルコン。

そして特筆すべきは、この音。業界初「回転音」にこだわった “Speed Audible Technology” を搭載。

なんですかそれ?答えは回してみれば、すぐに耳に届きます。

新品の状態でも指で軽く回せばわかる、心高鳴る回転音。中高域がパキッと立った心地い音色を奏でてくれます。

それはクリーンなのに荒々しく、それでいて爽やかなディストーションサウンド。

例えるならMarshallアンプにレスポールスタンダード?

いやいや、Hughes & Kettnerの真空管アンプにPaul Reed Smithはどうでしょう。

Bronsonはですね、

スケート界で長年ライバル関係にある2社の凄まじい対決の末に生まれた世界最高峰のベアリングなんです。

Bones、Powellを代表とするSKATE ONEと、IndependentやSanta Cruzを代表する総合代理店NHS。

まるで魔裟斗 vs 山本KID徳郁、思い出すあのアツい大晦日。

長年栄華を誇ったSKATE ONEの伝家の宝刀、Bones Swissによって独裁状態だったベアリングゲームに、

最先端テクノロジーを引っさげ大きな大きな一石を投じたBronson。

NHS社が社運を背負って何年もの歳月をかけて開発した最新鋭のベアリングです。

しかもなんとBones Swissからもライダーを引き抜き、チームを発足。なんだ、敵意剥き出しじゃないですか。

聴こえるでしょ、この火花が散るような高速回転の金属音。

コレがNHSとSKATE ONEの闘いの音。

This is the New Standard.

みなさん、これが次の時代のスタンダードですよ。

さぁ最寄りのスケートショップで言っちゃってください、「とりあえず生で」と。

 

 

はい。お後がよろしいようで。笑

 

いかがでしたでしょうか。あくまで個人的見解ですので、ご了承くださいね。

 

しかし、Bronson RAWはここ何年かで個人的に一番気に入ってるベアリングです。

ぜひ多くの人に味わっていただきたいです。機会があったら、試してみてくださいね!

Lafayette藤沢店、STAR WARKS新潟でも購入可能ですので、ぜひチェックを!

 

こんな速いっすからねマジで。

 

 

ぶっとびー!

 

 

» BLOG HOME

GO TO TOP