ARCHIVE : 2017/5

» BLOG HOME

成人式

31st May 2017 by

こんにちわ、池山です。

完全私事なのですが、先日成人式がありまして

僕の地元は新潟県の見附市というまず聞いたことはないであろう市なんですが

実はその成人式の実行委員長をやらせていただきました。

こちらが証拠写真。

18836066_801773813306928_862044903720549509_n

ガチです。笑

理由は1つ、目立ちたかったからです。

田舎のヤンキーみたいな思考になってしまうのは田舎生まれの性なのでしょうか。

てなわけで実行委員長をやったわけですが、
式が終わった後にあるローカル新聞のカメラマンさんから声をかけられてですね。

僕単体の写真を成人式の記事の見出しに使いたいとのことでした。

目立ちたい一心で実行委員長をやったわけですし、断る理由がありませんよね。

そちらの新聞がこちら。

18835509_801773809973595_2439419461077590370_n

あれっっっっっっっ???????俺、おまけサイズじゃね??????

僕の知っている見出しはこれじゃない。なんならメインの写真俺写ってねーし。

やはり誰よりも目立ちたいという邪念を持っていたことが原因でしょうか。世の中って上手く出来てますね。

そんなことを学んだ成人式でした。

ではまた。

池山”

TAGS:

» BLOG HOME

インビ

31st May 2017 by

こんにちわ

ここ最近気温が上がってきてもうすぐ夏ですね。

夏は海、プール、BBQなど楽しいこと盛りだくさん。

テンションブチ上がりです。

そして夏に欠かせないのが

そう、日焼けです。

夏の日差しで下地を作らず一気に焼いてしまうと皮が剥けて悲惨な事になってしまうなんてこともありえます。

そうならないために僕なんかは日焼けサロンというものに行っているんですが

その話をすると長くなるんで次の機会にでも。

でも日焼けサロン行ったことない人はシステムもわからないですしちょっと不安ですよね。

そこで今回紹介するのはこちら!

q

 

横浜店近くの日焼けサロンのインビです。

なんと初回無料で行けちゃうという優れもの。

僕に言っていただければ差し上げます。

横浜店に寄った帰りにでもぜひ。

数が少ないのでお早めに。

しっかり夏の準備をして海でチェイチェイしましょう。

 

 

» BLOG HOME

SUNKAK

31st May 2017 by

 

sunkak2

 

大反響のSUNKAK、昨日をもって全て完売となってしまいました。

Type2が先週25日よりNew ColorのRED,BLUEを加え再販となっていたんですが、

ゲットできた方はかなりラッキーです。

現在もたくさんのお問い合わせを頂いてますが、今の所Type2の次回入荷は未定です。

今後の新作リリースもお見逃しなく。

TAGS:

» BLOG HOME

AutoDraw

30th May 2017 by

またGoogleがやりやがった。

でお馴染みの”AutoDraw“ご存知ですか?

あ、挨拶忘れてた、

NakaChanです。

 

Googleが始めた新しいサービス

“AutoDraw”

一体なんのこっちゃ?な人の為に説明すると、

その名の通り、自動お絵かきプログラム。

では、実例。

th_スクリーンショット 2017-05-30 16.24.58

真っ白なキャンバスに、

th_スクリーンショット 2017-05-30 16.26.28

(全力の)ピザ!

を、自信満々に描きます。

すると、”AutoDraw”が

「はっは〜ん、こいつさてはピザ描きてぇんだな、、、。」

んで、

th_スクリーンショット 2017-05-30 16.27.31

ドン。

ザーピーどん。

どう?めっちゃかしこくないすか?w

th_スクリーンショット 2017-05-30 16.29.02

文字も入れれちゃうし、

th_スクリーンショット 2017-05-30 16.29.24

フォントも選べちゃいます。

もうね、エライコッチャですよ、これは。

一億総デザイナー時代が来ちゃいますマジで。

続いて、

th_スクリーンショット 2017-05-30 16.30.22

(全力の)クルマ!

すると、AutoDraw、

「あ〜、こいつマジだるいわ。車っしょ?こいつのは”くるま”、”車”ってのは

th_スクリーンショット 2017-05-30 16.31.12

こうゆうこと。」

っつって、アンサーしてくれます。

ちなみに、こちらはWEBブラウザ上で使えちゃうサービスですし、

完成した画像は簡単に保存、シェア出来ちゃいます。

面白いんで是非に。

https://www.autodraw.com/

» BLOG HOME

怒られるかも

30th May 2017 by

どうも、パグです。やまん。

 

しばらくブログアップ遅れてしまいました。

継続は実に難しい。肉体作りも難しい。

生きてたら難しいことだらけ。だから人生おもしろい。

 

綺麗にまとまったので本題へ

 

今日なんとなく本屋に寄ってブラブラしてたら足が止まるしかない本を見つけました。

会田誠 天才でごめんなさい

タイトル「天才でごめんなさい」

作者 会田 誠

もう、ビタ止めの釘付け。

 

ハチャメチャなカバーに、最上級に強気なタイトル。

僕は見るしかなかった。

 

どうせ大したことないイカれてるぶった三流画家だろうと思って開いてみると、

最初に作品ではなく、見開きを使った彼の10個条から始まった。

全てを書くと面白みをみなさんから奪ってしまうので10の内3つだけ紹介します。

 

「一、同じことは――いや似ていることさえ、二度と繰り返すな。 

天才芸術家には毎秒毎秒記憶喪失を繰り返すくらいの、精神の鮮度が必要だ。

二、自分の過去がどうだっていいように、人類の過去だってどうだっていい。 

天才芸術家にとって過去の奴らなんて、みんな取るに足らない下手っぴばかりだ。

三、大物な権力者やコレクターやキュレーターやギャラリストや批評家にあっても、すぐに忘れろ。 

そして次にあったら「は?どなたさん?」と言え、というか、理由もなく突然、殴ってみてもよい。」

イカレテル

もうイカれてるのは解りました。ありがとうございます。

じゃぁ、作品はどんなものだと開くと、

会田誠 考えないひと

タイトル「考えないひと」

僕の負けです。ヨーコーボーイの肩パンよりボコボコです。会田誠ヘッズの完成。

こういうの大好き。ポウポウ

ロダンの「考える人」をモチーフにしてると思うのですけど、

単なるモチーフではなく、考える人?何言ってんだコイツ。そんな考えたって意味ねーよ!

だったら俺はこうやるぞ。っていうラッパーでいうところの、ディスられてもないのに勘違いして勝手にアンサー返したらめちゃくちゃカッコイイの出来ちゃったみたいなのがたまらなく芯にきました。

会田誠本人は何を考えてるか解らないんですけど、僕はそうやって解釈しました。

粋です。好きです。

他にも、

会田誠 あぜ道

タイトル「あぜ道」

見えちゃったんでしょうね。

笑っちゃいました。

直感的で素直な人なのかなと。

会田誠 ジューサーミキサー

タイトル「ジューサーミキサー」

ちゃんと見ると緻密に描かれた裸婦像が底のミキサーの刃に切り刻まれていってます。

グロテスクですが、女性をないがしろにする社会風刺があったりするのかなとも思いました。

この作品までがギリギリです。これ以上は自主規制します。でないと怒られちゃいそうなんで。

気になる方はガンガンディグってください。

もっと凄い作品がいっぱいありますよ。変態さんは必見です。

ちなみに、家に帰ってwikipedia先生に聞いたら

「取り扱い注意の作家」と呼ばれてるそうです。

そりゃそうだ。

では、明日来店するお客さんと楽しい話がいっぱいできるように一休みします。

おやすみなさい。

TAGS:

» BLOG HOME

サイキンノスキナモノ

27th May 2017 by

わっさ。最近あちーしすっかり夏だね。どーもRARIです。

 

ロンTeeとかシャツ着るタイミングのがしてすっかり夏感じる昨今どうおすごしでしょーか?

 

 

 

ビールやっちゃいがちですね。飲んだ次の日は「もう酒ヤメタ」ってなるんですけどね。

休みの前の日になるとついついシュワシュワしてきてアガってきちゃいます。サボりません。

56aba0fe3cf2c906357348ec3b264b5c

 

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

 

 

 

そんな毎日ですが最近また海外ドラマにハマってます。

 

 

 

 

24、Prison Break、LOST、HEROES、ブレイキングバッド、ウォーキング・デッドなどなど色々見たことある方も多いかと。。

なかでもプリズンブレイクも新しいの始まったり大変です。今期は月9よりプリズンブレイク。

マイケル・スコフィールドの脱走劇再び!

イケメン俳優、セクシーな女優とファッションとか、そこんところも楽しみの一つデスネ。。

スクリーンショット 2017-05-27 20.20.55

 

 

 

 

押忍。

 

 

 

 

 

つって、

この話してもPRIVILEGEスタッフは誰も反応しません。

 

カナシイ。。

 

 

 

なので、ハマっているの何個か勝手にブログに載せて無理矢理見せよーと企んでるのでお付き合いください。

 

 

 

 

まず、

『POWER』

o0800060013025006171

あの50セントを製作総指揮をやってるやつ。NYのやべぇクラブを経営と、大物ドラッグディーラーっていう二つの顔を持つやべぇ話。もちろん50セントも出演してます。HIPHOPも毎回かかります。とにかくおもしれぇです。

 

 

オトコニハ2ツノ顔ガアルンダゼ。

 

 

 

 

はい、次。

『ウェントワース女子刑務所』

wentworth4

 

1970年代のドラマ「Prisoner Cell Block H」のリメイクらしいですがプリズンブレイクとはまた違った刑務所ドラマ。

サバイバル感やべぇです。刑務官も結構やべぇです。

 

 

なによりも女の子こえぇ。

 

 

 

 

 

 

はい、次。

『僕が教えるアメリカ成功術』

29766

 

NYの若者で有名なアパレルで働くヤツと自由すぎてもうなにやってるかわかんないヤツの話。2人が、型破りな方法でアメリカンドリームをゲトろうって話。

 

日本がやたらしゃべってる途中にでてきたり、スケボーとかSupremeがうんちゃらとか出てきたりしちゃう。

すぐパーティーしちゃうし、すぐ女の子持って帰ろうとしたりしちゃって憧れる。

日本もこういう風になればいいのに感たっぷり。

 

 

ボクも女の子とパーティーしたい。

 

 

 

 

どうでしょー?

ボクfuluなんでこれですが他にも色々あるとおもうんでオススメ教えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

530656_650

それにしても、マイケル・スコフィールドと同じ髪型なのにモテないのはおかしい。

RARI

TAGS:

» BLOG HOME

カクタス キキ訪問記 by NDEMN

26th May 2017 by

心底ハマっているカクタスカルチャー。

 

以前コピアポアさんに伺った時のブログ、想像以上に反響があって嬉しかったです。

「サボテン」なんてこっち界隈からしたら未知どころか興味を持つ事すらチャンスはないだろうし、ましてや観葉植物を扱っているような所や花屋さんじゃ到底見る事も難しいものばかりのディープなものをいきなり叩きこんでみましたが、そこはさすがDIGGIN’マインドのシーン。

なんか引っかかってくれた人たちもいたようで、ありがたい限り。

 

というワケで今回は先日行ってきた信州の、お世話になっているここも俺がとても好きなスポットを紹介したいと思います。

 

園芸的な高いこだわりと「日本的サボテン道」を掲げるカクタス キキさん。

オーナーの林さんはとても優しく丁寧な方ですが、こと栽培に関して自らの信念とスタイルを持ったハードコアさを感じます。

 

花屋さんやホームセンター等普通の生活の中で出会えるものは「サボテン」といった感じですが、俺が惚れ込んでるのは「CACTUS」。

サボテン栽培においてオーバーとアンダーのようなシーンの違いがあって、いわゆるサボテンは「育てる」といった感じですが、カクタスは「作る」と言います。

これには驚いたんですが、栽培の仕方と人によって姿形や雰囲気が変わるんです。

上級者、名人と呼ばれる人のものはどの品種でもその人のだと分かるんです。そして当然価値も高くなる。名人作のものはまったく同じ品種でもその容姿や血筋で数千から場合によっては数万円の違いを生み出すまでになるんです。

 

そこは数年または数十年かけて作り上げたものが、たった一回の水やりや、時には温室の扉をたった数十分締め切ったままでいただけでダメにしてしまうほどの世界です。

 

愛好家の作りの上手い下手はそのままシーンでのその人の評価になります。当然下手ならナメられます。

その辺りHIP HOPさながら、ある一定以上の世界はシビア、やるかやられるか的なヒリつく感じも魅力です。

 

日本には何ヵ所か名産地があるんですがその一つであり聖地と呼ばれる長野に位置するカクタスキキさん。

業者さんには二つのタイプがあり、主にバイイングと管理型と、自家産で作りながらバイイングもする型がありますが、林さんは後者。

有名な会で賞を取ったり、ある品種の特定の姿をしたものの作出家でもあり、その作りには定評があり豪壮ながら品のある姿に仕上げる技術と妥協のない情熱は素直に凄いなと思わされる説得力があります。

 

自ら交配して種から数年育てた実生のものも販売されており、通販での対応は今まで色々な所と取引させてもらいましたが、林さんは特別丁寧でその愛情とプライドがうかがえる対応をしてくれます。

販売ページに書いている一言二言があるものは要注目。

完成球を買うだけではなく、手頃で素質のありそうなもの、「育てる事により得られる楽しみ」を分けてもらえる貴重な場所でもあります。

 

個人的にたくさんの人に知ってほしい場所。

そのごく一部を紹介します。

 

P1490584

P1490585

P1490586

P1490587

P1490589

 

P1490590

P1490591

P1490592

P1490593

P1490594

P1490595

P1490596

P1490597

P1490598

P1490599

P1490600

P1490601

P1490602

 

 

P1490603

 

 

P1490604

P1490605

P1490606

P1490607

P1490608

P1490609

P1490610

P1490611

P1490612

 

 

P1490613

 

 

P1490614

P1490615

P1490616

P1490617

P1490619

P1490620

P1490621

P1490622

P1490623

P1490624

P1490625

P1490626

P1490627

P1490628

P1490629

P1490630

P1490631

P1490632

P1490634

P1490636

P1490637

P1490638

P1490639

P1490640

P1490641

P1490642

P1490643

P1490644

P1490645

P1490646

P1490647

 

P1490650

P1490651

 

P1490654

P1490655

 

 

P1490658

 

 

P1490659

P1490660

P1490661

P1490662

P1490664

P1490665

 

 

P1490668

 

 

林さんは特にEchinocactus horizonthalonius / 太平丸と呼ばれる種がものすごいです。

が、どんなカクタスもきれいに作られているのが本当にすごく、まったく興味のなかったものでも林さんの手元にあるものを見ると、意識を変えられたりします。

 

初心者はわからない事だらけで、色々質問したり、値段も手頃な小さいものは特徴が出てないのでよく分からなかったりするんですが、林さんの笑顔と共に言われる「騙されてみてください」はなぜか気持ちよくすっと入ってきて、気づくとそれは自分の温室にいたりします。

 

後にそれは、笑顔の裏にある確かな自信と自身のプライドに裏打ちされたものだと分かるようになりました。

 

長年の付き合いというには程遠いですが、ケチな事はしない方だとひしひしと感じます。

林さんに「騙されてみる」人と「騙されてみたい」人が増えるとうれしいですね。

 

 

もちろん、俺はもうそのうちの一人です。

 

 

NDEMN

instagram.com/ndemn

 

 

– CACTUS TOUR –

・カクタス キキ kiki.ocnk.net

copiapoa  copiapoa.jp

廣仙園  kohsen-en.sakura.ne.jp

TAGS:

» BLOG HOME

PRIVILEGE NEWYORK GRAND OPENING PARTY

26th May 2017 by

20170422privilege

先月、22日にNYのThe Delancyで行われた、OPENING PARTY。

レセプションパーティーと同様に大盛況。

PVLGNYC OPENING PICS 1

REBEL ARMY

PVLGNYC OPENING PICS 5

CJ FLY from PRO ERA

PVLGNYC OPENING PICS 4

PVLGNYC OPENING PICS 13

PVLGNYC OPENING PICS 9

PVLGNYC OPENING PICS 3

PVLGNYC OPENING PICS 10

CJ FLY & DIRTY SANCHEZ

PVLGNYC OPENING PICS 15

PVLGNYC OPENING PICS 17

MEYHEM LAUREN

PVLGNYC OPENING PICS 20

PVLGNYC OPENING PICS 22

DJ CLARK KENT

DSC_4735

DSC_6293

STRETCH ARMSTORONG

DSC_6135

DSC_6128

PVLGNYC OPENING PICS 16

DSC_6133

DSC_6125

DSC_4738

DSC_4729

DSC_4733

DSC_6247

朝方のBACK TO BACK最高でした。

 

» BLOG HOME

TRACK by

26th May 2017 by

BLOGをご覧を皆様、夏を感じる気温ですがいかがお過ごしでしょうか?

PRIVILEGE TOKYO MIKKIEです。

さてさてinstagramにもあがっているPRIVILEGE NEW YORKのMOVIEは皆様見て頂けましたでしょうか?

 

二つともTRACK by MIKKIEなのでサウンドもしっかりチェックして頂けたら嬉しいです!!!

 

そしてそしてiTunsにも一曲自分の作品がリリースされておりますので、お手すきの方はこちらも!!

IMG_2719

 

告知ばかりになってしまいましたが、、、

そういえば先日PRIVILEGE TOKYOにてOLD〜NEWな1日が!!!

IMG_2750

このタイミングでご来店頂いた方はラッキーでしたね!!!!!

次回はLAFAYETTE,PRIVILEGEのラインからいくつかご紹介させて頂こうかなと。

それでは本日はこの辺で!

・MIKKIE SOUNDCLOUD

・MIKKIE instagram

TAGS:

» BLOG HOME

Welcome to FUJISAWA CITY

25th May 2017 by

 

先月、NEWYORKはLOWER EAST SIDEに“Privilege NewYork” をオープン

 

 

そして、5月1日。

Lafayetteは藤沢に店を構えてから15年目を迎えました。

 

 

「SOHO」が原宿なら、「LOWER EAST SIDE」は藤沢。

都会に近いが、独自の文化を持っている都市。

 

自分もNEWYORKのオープンに合わせて現地に行きましたが、不思議な感じでLESは「藤沢」に似た安心感を感じました。

 

 

「NEWYORK CITY」

 

 

世界でもトップクラスの都市にオマージュを捧げて。

 

fujisawa2

 

fujisawa7

 

fujisawa8

 

fujisawa4

 

fujisawa5

 

fujisawa3

 

fujisawa6

“FUJISAWA CITY Tee” / 2,000yen(tax in)

 

 

存在感抜群のTeeが出来上がりました。

 

まさにご当地Tee。

 

産業フェスタにて販売いたします。

 

「FUJISAWA CITY」

良い街です。

 

Welcome to FUJISAWA CITY

 

A-TOY

» BLOG HOME

GO TO TOP