TANA

TANA

主に横浜店にいます。 ストリートブランド以外にも海外のカジュアルブランドも好きで、今までに色々なファッションを着てきました。 自分なりの視点で、色々なファッションシーンやトレンドなどをご紹介できればと思います。

instagram

AUTHOR : TANA

» BLOG HOME

1992 POLO Stadium Collection POP UP STORE @Lafayette Yokohama

13th Dec 2017 by

今週末より横浜店で開催のこちら。

polostadiumpopup

12/16(SAT),17(SUN)

POLO Ralph Lauren
1992 POLO Stadium Collection  POP UP STORE @Lafayette Yokohama
Re-Issues & Originals

Supported by Yu-tang(URBAN RYDERS)

今年9月21日にRalph Laurenが、Polo Stadium Collection の誕生25周年を記念した限定コレクション「The Limited Edition Polo Studium Collecton」をリリース。
ラルフローン史上、最もストリートシーンに影響を与えたコレクションの復刻モデルということで多くの反響があったことも記憶に新しい。
Lafayette横浜店では、本コレクションの全11ピースを販売と同時に、URBAN RYDERSのYu-tang氏のコレクションである90年代当時にリリースされた希少なオリジナルの1992 Polo Stadium Collectionを始め数々のマスターピースを展示。
オリジナルは現在も入手困難な上に市場価格が高騰し、なかなかお目にもかかれない激レアモデルばかり。
復刻を果たしたPolo Stadium Collectionを、希少なオリジナルと同時に観れるまたとない機会を是非お見逃しなく。

LF_polo_insta_2

About Yu-tang/URBAN RYDERS

1996年より大型バイクに乗り始め一貫してニューヨークのSTREETバイクカルチャーを追い求め
2000年より自身のGSX1300R隼にクロームメッキやアメリカンカスタムを施しニュースクールバイク界のパイオニアとなる。
ブルックリンで開催された全米最大のイリーガルパレード、HOLLY WOOD BLOCK PARTYに毎年、自走で参加しスタントチームやストリートライダーとも親交を深め帰国後、東京バイクナイトを主催。
日本でも各県に点々とした同士達を線で繋げようと決意し2007年にURBAN RYDERS を結成。バイクカスタムだけではなく
日本各地で開催するバイクイベントやアパレル制作、アーティストのPV出演、DJ、スタントやモデルなどバイククラブの枠に囚われない幅広い活動をしている。
中でもYu-tang氏はバイクカルチャーだけでなく90年代よりファッションや音楽などにも造詣が深いことでも有名で、Vintage POLOを始めとする洋服やスニーカー、マガジンやビデオ、CDなどその貴重なコレクションは圧巻。

» BLOG HOME

CREEPO!

14th Nov 2017 by

Creepo!

Creep=変な、不気味な…の意。

Liberte Bell 17AWは奇想天外です。

IMG_1361

IMG_1360

» BLOG HOME

Rain Wear…

29th Oct 2017 by

最近は雨ばっかりで困ったものです。

世の中色々と便利になってきても、

傘はこの世に誕生してからこのかた相変わらずの姿のまんまだし、

雨に対して人類はこうも対処できないものなのか。

結局完全に雨を防ぐなんて不可能なんで、頼るべきは傘か雨カッパになるわけだが、

前述にあるように傘は大した進化を遂げることがない上に、壊れる/邪魔になる/失くす等といった

お決まりの末路を辿ることも少なくない。

雨カッパも利便上完全に全身を雨から防ぐことは難しいが、

撥水/防水機能を有する生地が身体の大部分を雨から防いでくれる。

だが、欠点としてファッション性が低く、ありていにいえば“ださい”なんて思われがちで

なんだかんだ傘を利用してしまうケースが多いのではないでしょうか?

というわけで、今回は俄然普段使いできて、雨も防いでくれるオススメアイテムをご紹介。

DSC00075

まずは、INTERBREEDと高機能繊維開発メーカー “TEIJIN” とのコラボライン、

“INTERBREED ACTIVE SERVICE” よりリリースのアイテム。

DSC00082

INTERBREED IB SPORTS PACKABLE ANORAK ¥18,500+tax

撥水性/軽量性に優れ、引っ掛かりを防ぐ緻密でフラットな表面を持つ、TEIJIN 開発の新素材 “DELTAPEAK” を使用。
ジャケット本体をたたんでサイドポケットにコンパクトに収納出来るパッカブルタイプ。

DSC00083

DSC_6766

DSC_6760

携帯に便利で、急な雨の時にもこれがあれば安心。

DSC00079

DSC00080

INTERBREED IB SPORTS Warm Truck Jacket ¥20,000+tax

DSC00077

TEIJIN開発の”ECOPET PLUS®/撥水機能”をシェルに、

ライナーには”Octa® CPCP/保温・軽量”を使用した高機能トラックジャケット。

シャカシャカしたクラシックな雰囲気なデザインで、見た目以上に暖かく軽量!

これからの寒い時期や雨天にもオススメな一着です。

DSC_6899

DSC_6928

DSC_6929

POLO SPORT BALL CAP SIZE-FREE ¥6,480-(tax in)
.
INTERBREED IB SPORTS Warm Truck Jacket SIZE-XL ¥21,600-(tax in)
.
Lafayette WASHED DUCK OVERALL SIZE-M ¥30,240-(tax in)
.
INTERBREED ROAD RACER SWITCHING HOODIE SIZE-L ¥17,280-(tax in)
.
PRO-Keds ROYAL LO BRITISH CAMO SIZE-9H ¥9,504-(tax in)

そして、最後にROTHCOのこちら。

DSC00084

ROTHCO 3/4 Length Rain Parka ¥5,000+tax

ポリシェルにゴム/PVCのライナーで防水仕様。

DSC_7025

素材感はレインウェアっぽいが、着方によってはナイロンコートのようにちょっとモードっぽい感じ。

さすがROTHCOということで価格が魅力。

DSC_7031

しかもリバーシブル仕様。

Black/Oliveでバッチリですね。

この価格でさらに求めてしまったら、着れる服が無くなります。

どれも雨を防ぐだけでなく、普段使いもできるNiceなデザインなのでワードローブに加えてはいかがでしょう?

» BLOG HOME

9/16(SAT) INTERBREED 2017 AW START!!!

15th Sep 2017 by

20170913_1865516

INTERBREED 2017 AW Collection

9/16(SAT) START!!!

20170913_1865685

Adama Delphine Fawundu × INTERBREED ”L.Boogie Collection”

INTERBREED 2017AWの中でも目玉コレクションの第一弾が立ち上げと同時にリリース!

“Adama Delphine Fawundu (アダマ・デルフィン・ファウンドゥ)”
New Yorkベースの女性フォトグラファーで、数々のアーティスト/ミュージシャンの撮影と共に、
黒人の人権問題やアフリカンアメリカンをテーマとした作品も多く世に出して来た活動家。

そんな彼女の過去のアーカイブより様々なアーティストの貴重な写真から、本コレクションではローリンヒルに焦点を当てている。
ローリンヒルの別名/ニックネームで有り、Fugeesの曲中やリリックでも良く聞こえて来る”L.Boogie”をタイトルとしたコレクションを展開。

20170913_1865689

20170913_1865690

20170913_1865691

前身頃全面にフォトを落とし込んだインパクト抜群の”All-over”シリーズのSS Tee 3型。
ボディはUSボディを使用。
通常のINTERBREEDのTeeより少し大きめです。

DSC09660

DSC09662

そして”L.Boogie Collection”のスタートに合わせ、
この1発目のAll-over SS Teeにのみ、DJ Kenta氏による限定Mix CDが付属。

teeのデザインだけでも申し分のない仕上がりなのに、おまけも非常に豪華…

“60minutes of L.Boogie” mixed by DJ Kenta (ZZ Pro)

ローリン関連の楽曲のみで構成した60分Mix.
結構ドープな所からレアVer、定番の名曲まで、
DJ Kenta氏らしい間違い無い選曲と完璧なグルーブ感/流れの極上の1枚。

ちなみにこちらのMix CDは完全非売品。
更に”L.Boogie Collection”の中でも、今週発売の”All-over”シリーズのTee3型のみに付属します。
まだリリースのある”L.Boogie Collection”ですが、D Kenta氏による貴重な限定MIX CDを買い逃さない為にも
第一弾のこちらは是非お見逃しなく!

» BLOG HOME

GENOCIDAL ORGAN…

4th Sep 2017 by

もう本格的に秋冬シーズン到来ですね。
アウター選びも楽しみですが、デザインだけでなく防寒性も考慮しないとですね。

ところで日々科学の進歩は進んできておりますが、ことファッションでは温故知新の精神が尊重され、時代を先にいったり戻ったりの繰り返し。
しかし、最近ではファッションも進化しているんですね。

MINOTAUR I/O Collection
スマートフォンに対応したアプリケーションからヒーター装置を起動させると、30秒から60秒の間にアウター内が暖かさに包まれる。外気に合わせて4段階に温度コントロールができ、胸部に取り付けられたシグナルの色が温度の高い順に、RED→ORANGE→GREEN→BLUEへと変化する。内蔵ヒーターから表生地までストレッチ性の高い防水素材を使用し、動きへのストレスをなくして快適な着心地を実現させている。

これなら冬の寒い朝でもベッドから出てすぐにアウターを温めておけてば快適な朝通勤が可能。
重苦しいヘビーアウターや動きづらい重ね着も必要なし。
結構高額ではあるが、まさに未来を感じさせるファッションの新しい形の誕生ではないでしょうか。

服屋らしくのっけはファッションの話から入ってみたが、本題は未来を描いたSF小説。
たまには自分の趣味を書こうと思ったのとPUGGが小説Blogを書いていたので触発されてしまった。

あまり小説について書くことはないので、初回で全て出し切るつもりで人生の中で一番食らった一冊をご紹介。

なんせ、僕はかれこれ5回くらいは読み返している。

虐殺器官 著 伊藤計劃

あらすじ
サラエボで発生した核爆弾テロによって世界中で戦争・テロが激化した結果、アメリカを始めとする先進諸国は厳格な個人情報管理体制を構築しテロの脅威に対抗していた。十数年後、先進諸国からテロの脅威が除かれた一方、後進国では内戦と民族対立により虐殺が横行するようになっていた。事態を重く見たアメリカは新たに情報軍を創設し、各国の情報収集と戦争犯罪人の暗殺を行うようになった。

ざっくりいえば9.11以降のテロとの戦いで転機を迎えた世界を書いたSF小説である。
世界各地で起こる虐殺を引き起こす元言語学者“ジョン・ポール”。
彼の語る虐殺の文法とは?
そして、なぜ虐殺を引き起こすのか?
哲学や文学、生物学、言語学、歴史や社会といった観点からその謎を探るミステリーでもある。

物語の語り手である主人公は暗殺も行う米軍大尉で、役柄にそぐわないナイーブな語りで淡々と物語を進めていく。
テロや紛争を背景にグロテスクな人体損壊をはじめ沢山の死が蔓延している本作にあって、このミスマッチな主人公の思考には、ある種シュールさすら感じるが、同時に惹き込まれる。
近未来を舞台にしていることから、軍事/民間レベルでも想像に難しくない(難しいものもあるが。)様々な未来的ガジェットのアイディアも面白い。
序盤はサクサクと読めるが、中盤以降から人類史を遡ったり「言語」に関するウンチクが非常に難解。
何気に終盤の部分に大きく関わってくる部分なので、なんとか読み進めてもらえれば最後のオチに衝撃を食らう事かと思います。

ちょうど本作は劇場アニメ化もされ、もしかしたら実写映画化も噂されている。
「ベストSF2007」国内篇第1位。「ゼロ年代SFベスト」国内篇第1位。は伊達じゃない。
読むのが面倒ならとりあえず10月に劇場アニメ版DVDが販売開始でレンタルもすると思うのでチェックしてみてください。

TAGS:

» BLOG HOME

MO AND MO NEW YORK POP UP SHOP…

7th Aug 2017 by

IMG_0721

MO AND MO NEW YORK
POP UP SHOP
At Lafayette Yokohama

8/11(FRI)12(SAT)13(SUN)
Am11:00~pm21:00

www.lafayettecrew.com
www.moandmo.com

IMG_0705

IMG_0706

IMG_0698

IMG_0703

IMG_0708

IMG_0711

IMG_0712 (1)

IMG_0714

IMG_0716

IMG_0718

IMG_0717

IMG_0667

» BLOG HOME

REZAREXION&CFT’s 2017SS Launch Party…

14th Jun 2017 by

IMG_0345

REZAREXION & CFT’s

2017 Spring/Summer Launch Party

at Lafayette Yokohama

6/17(SAT) 11:00~21:00

FREE BEER!

横浜店で度々POP UPなどで展開し、大好評のREZAREXION&CFT’s。

今季は春夏新作のローンチパーティーとして、リリース初日の6/17(土)はFREE BEERを用意。

両ブランドのクルーもパーティーに参加しているので、是非遊びにいらしてください。

気になるREZAREXION&CFT’sコレクションの詳細も近日公開!!!

» BLOG HOME

öÖöÖöÖöÖöÖö

13th Apr 2017 by

visual_647

Liberte Bellから春夏新商品が入荷!

今季も一風変わったデザインで、意味不明な仕上がり。

イチオシデザインはやはりこちら。

DSC08028

DSC08084

DSC08102

öÖöÖöÖöÖöÖö

Oのウムラウトという主にドイツ語で使われている文字ですが、

日本人には発音がかなり難しい。

日本語の「オ」の口の形をもっととがらせた状態にし、そのまま「イ」と発音。

「オ」の口の形を崩さないのがポイント。

…で意味は?とよく聞かれますがよくわかりません。

なんとなく文字の感じがかっこいい。

色々とバックグランドを理解した上で着ないとワックだ!なんてストリートブランドはよく言われがちですが

意味がないので、バックグラウンドを気にする必要なし。

かっこいいと思ったら、着る。

これですね。

DSC08004

DSC08020

DSC08017

DSC08062

DSC08089

DSC08077

KORNも自身のバンド名の由来について、こう語っている。

“バンド名はトウモロコシの英称”Corn”に由来し、「とあるゲイのカップルが、お互いの局部を愛撫し合っているときに一方が脱糞し、もう一方の口にコーン入りの大便をぶちまけた」という話を知っている人間に対し「コーン!!」と言うと気分を害したのでこの名前にした。

当時のマネージャーが「こんな名前では契約が取れない」と訴えたところ、バンド側から「この名前でなければお前の名前をバンド名にする」と言われ結局そのまま契約を獲得。

元メンバーのデイヴィッドはこのバンド名について、「バンド名なんかどうでもいい、馬鹿な名前だが曲が良ければクールに聴こえてくる」とコメントを残している。”

つまり、それがクールに見えれば文字なんて、なんだっていい訳です。

» BLOG HOME

Contemporary Reality…

26th Mar 2017 by

BALENCIAGAmen_2017aw_035

BALENCIAGAmen_2017aw_037

BALENCIAGAmen_2017aw_024

BALENCIAGAmen_2017aw_017

BALENCIAGAmen_2017aw_036

2017AWのバレンシアガ、かっこいいですね。

ヴェトモンのデムナの加入によるところでしょうか。

男性の仕事着からのインスピレーションのようですが、コンテンポラリーを感じさせる斬新な雰囲気。

結局、モードといえどショーと違って普段着るものが重要ですから、リアルな部分からのデザインっていいですね。

ふと街で見かけるスーツのおじ様が、なんだかすごいオシャレだったり。

日常的なシーンにフィットしつつ、どこか遊び心を感じさせ、

それでいてスキのないスタイリングはほんとにオシャレ。

» BLOG HOME

GO TO TOP