Scumco & Sons

28th May 2016 by

今日は取扱い中のスケートブランドより、

Scumco & Sons (スカムコアンドサンズ)  をご紹介。

 

アメリカはペンシルベニア州、ピッツバーグ発。

古きよりアメリカの雰囲気がかっこよく、個人的にとてもオススメしたいブランドです。

 

Scumco & SonsはとにかくDIYに拘っており、

初期の頃はデッキもTシャツも完全手刷りのオールハンドメイド。

現在でもデザイナーがデッキの木目を1本1本選びながら作っているという

こだわり満載、スケート愛たっぷりのブランドなのです。

 

基本的にスケートボーダーというのは

自分達でセクションを作ったり、映像をつくったり、自分たちでできることは自分たちの手でやって

そこから新しい物や価値を生み出していく人種だと思うので、

ScumcoみたいなDIY精神あふれるブランドは絶対に心揺さぶられるはず。

 

デッキづくりの様子はこちらでチェック↓

こういうブランドは支持していきたいですよね。

 

こういったスタイルが反響を集め、

いまやNew Yorkでは、Labor skateshopや、あのSupremeでも取扱いをスタート。

 

いよいよ目が離せなくなってきたところで、

Lafayetteではこちらのデッキをセレクトしてみました。

 

IMG_3794

まだまだ知らない方も多いかと思いますので、まずはロゴデッキからいかがでしょうか。

木目がキレイなカラーアソートデッキです。

きっとさっきの動画みたいにセレクトして作ってるんだろうなー、なんてイメージできます。

 

IMG_3796

Oj wheelsやShake Juntのプロ、Kyle Nicholsonのシグニチャーデッキ。

ブランドからライダーも知って、気に入ってくれたらうれしいです。

 

IMG_3805

IMG_3806

トップシートもシブくてかっこいい。

 

キックは、ノーズの方が長くて強め。比べるとテールは少し抑えめの角度で、やや短い印象です。

テールの叩きは軽く、ノーズはガッツリ喰い付いてくれる良いシェイプ。

コンケーブも入りが深くて強め。ノーズ・テール丸めです。

 

IMG_3807

 

うれしいステッカー入り。

 

希少なブランドなので、リスペクトの意味もこめて紹介させていただきました。

早めのチェックがオススメです。

 

ぜひ店頭で、手に取ってみて下さいね。

 

» BLOG HOME

GO TO TOP