TAG : Lafayette Fujisawa

» BLOG HOME

Halloween Special!!!

27th Oct 2017 by

IMG_1257

10/28(SAT),29(SUN) Halloween Special!!!

Lafayette Premium Members Card POINT X 3

10月28(土)、29(日)の二日間はLafayette Premiumのメンバーズカードのポイントがなんと3倍!
さらに期間中、対象店舗でお買い物いただいたお客様に先着で
Halloween限定Lafayette/Privilegeオリジナルキットカットチョコをプレゼント!
※数に限りがございますので、限定数に達した時点で配布終了とさせていただきます。

開催店舗
Lafayette Yokohama/Fujisawa
Privilege Tokyo/Niigata

IMG_1256

10/28(SAT) Halloween Night Block Party
20:00~22:00
FREE BEER!!!

28日のみ11:00~20:00までの通常の営業時間より2時間延長して22:00まで営業時間を拡大!
20:00よりFREE BEERを用意して、皆様のご来店をお待ちしております!

開催店舗
Lafayette Yokohama/Fujisawa
Privilege Tokyo
※Privilege Niigataのみ10/29(SUN)開催

» BLOG HOME

Cyrus is 917’s PRO

21st Oct 2017 by

先日Call Me 917からプロデビューが発表されたCyrus Bennett。

cyrus-johnny-kickflip-630x419

cyrus3

後ろ足が寝た突き刺すようなオーリーとスタイリッシュなキックフリップ。

パワフルなポップがクールなNew Yorkのスケーター。かっこいいので少しご紹介を。

 

実はほとんど知られていないと思いますが、

元々はElementのフローライダーとしてキャリアスタート(当時14、15歳)。

その後、拠点をNew Yorkに移し、Iron Clawというアングラチームに所属。

Lurk NYC系の映像でフックアップされ、この辺りからVsns → Nike SBに移籍します。

その後はデッキカンパニーも人気カンパニーのPolarに引き抜かれて大出世。

cyrus4

瞬く間にブレイク!…と思いきや、

北欧はスウェーデンをホームとするスケートブランド、Polarとは

「チームライダーなのに、電話でのやり取りしかなかった」

とフィットせず。

 

PolarでNew YorkといったらAaron Herringtonなんかがそうですが、

aaron-2

あまり一緒に滑っているのも見たことがありませんし、

上手くいってなかったんでしょうか。。

 

その後、くすぶっているところをAlex Olsonにフックアップされ、

alex2

917に加入。そして先日プロデビューを迎えました。

 

ちなみにこのAlex Olsonも知らない方のために少しご説明を。

レジェンドプロスケーターSteve Olsonを父親に持つ、

Steve-Olson

その息子であり、長らく一流カンパニー GIRL に在籍していたスターライダー。

ファッショニスタとしても知られ、ハイブランドの服を着てスケートする事もしばしば。

alex

かっこいいですよね。

そんなAlex Olsonが立ち上げたのが、アパレルブランド “Bianca Chandon”と

bianca

デッキブランド “Call Me 917″

callme

 

こちらは弊社のオンラインストアでも極希少在庫がご購入いただけます。

Lafayette Online Store

917a

917b

917c

 

日本国内ではほとんど手に入らないので、どうぞお早めに。

先日9/17に映像も公開になっています。

実はこの時、New Yorkにいたんですよね。最高でした。

 

話は戻りますが、

そんなくすぶっていたCyrus Bennettがやっとプロデビューし、

アレが出ちゃってます。

dunk

Nike SB Dunk Elite Hi QS “Cyrus”

やべー!

 

ずっと追っかけていたライダーだけに、やっとここまで来たんだなと感無量です。

応援してたインディーズバンドのメジャーデビューを見守るファンの気持ちと一緒。

そんな彼の名パートをぜひ。

 

いやー、よかったなー。

cyrus

パーティの様子も楽しそう。よかったよかった。

 

…ん!?

PIZZA

あーーーーーッ!

!cid_15f3e2dd410efdfd92b1

SCARR’S PIZZA Tee ¥5,800 +tax

 

 

» BLOG HOME

HOW TO MAKE A SKATEBOARD – EVAN SKATE – by NDEMN

16th Oct 2017 by

Lafayette FUJISAWAの特徴として、ハンドピックでセレクトされた様々なUSED、スケートアイテムがあります。

ストアマネージャーのEVANがスケートコーナーを担当していて、最近ではNYからFUCKING AWESOME, CALL ME 917なんかも。

 

そのEVANに教えてもらったウィールがきっかけで、調子のいいクルーザーを組みたいなあと。

INTO THE WILDというタイトルで書いたブログがちょうどそのリアルタイム。

 

そんなとこでホントに組んでみました。オススメのパーツの中から選んで。

コンセプトは上記のブログに書いた通り。

 

せっかくなんでデッキを組むとこを撮ってみようと。デッキを手にしたことがある人以外は見ない風景だと思うので。

何か人が「仕事」してるとこを撮るのって好きなんです。特に手元とか。

で、基本撮る為に流れを止めたりしないので、そのまんま。

EVANの「仕事」を俺の視点で撮ってみたので、工程と合わせてこんな感じかーと見てみてください。

 

あ、ブログを書いている間に写真を見直してたら、横からEVANが「これはこうで~」みたいな解説が入ってきたんで、これはけっこうおもしろというかタメになるポイントだなと思ったので、今回は写真下に補足を入れてもらおうかなとw

というワケでここからテキストはEVANに頼みます。

 

 

 

P1490669

オーダーをもらったのは、チャリより速く、乗りやすい快適なクルーザー。

チョイスしたのは169サイズのIndyに、9inchのオールドシェイプデッキ。

初心者でも抜群の安定感で乗りやすく、玄人好みでもあり、街に適した一台。

組む前から「シブい」と約束されている完璧なセッティングになりました。

P1490674

Bones ATFシリーズの最強モデルROUGH RIDERS。

ソフトウィール界でもトップクラスじゃないでしょうか。

ここまで粗い路面に対応できるウィールは他にないかもしれません。

コアが良いんだと思います。さすがBones。

P1490673

地球一との呼び声も高いBRONSON RAW。速いし、丈夫だし、音も良い。

むき出しのボールもクールです。僕もとっても気に入っています。

相当な数のブランドのベアリングを試してきましたが、これは本当に最高。

P1490672

トラックがIndyなので、ボルトもIndy。こういう細かいこだわりが大切です。

ただのネジがカッコイイなんて、スケートだけですよね。

P1490671

Indy Hollow 169 Lance Mountainモデル。

インスタグラムでも書いたのですが、Indyは169サイズから少し動きの質が変わります。

スラローム、クルージング向けになるというか、ニュースクールには感じない、深いカービング性能。

これが本来のIndependent Trucksだと納得させられる、クラシックな乗り心地。クセになります。

HollowとBronson RAWだったら、音が気持ちいいはず。良いセッティングです。

P1490678

P1490683

P1490682

P1490679

デッキテープは「センターにラインを」とのご要望でしたので、まずはデッキテープを半分に。

色んなやり方があるかと思いますが、

少し手間がかかってもキレイにいきやすいのはこれかと思います。

P1490685

P1490688

P1490690

P1490691

片側ずつ貼っていきます。

真ん中に木目が見えると、昔のサーフボードみたいでクールです。

P1490695

P1490696

P1490698

P1490699

P1490700

P1490701

貼り終わったら、デッキにあわせて切っていきます。

カッターはオルファの極太黒刃が長持ちして一番好きです。僕は刃だけで切る方がやりやすいので

いつもこうやって持ち歩いています。

あとは、”くじり”と呼ばれるアイスピックみたいなものと、六角の太いレンチ。

これはビス穴を開けるのと、デッキテープに跡をつけるために。

P1490702

P1490704

P1490705

P1490707

P1490709

P1490710

P1490712

P1490713

P1490716

P1490719

切り終わったら、デッキテープの切った面にやすりをかけます。

細かい事ですが、この時にデッキには触れないよう、あくまでデッキテープの角のみを落としていきます。

デッキは製造の際、本来コーティングしてあり、チップ(割れてしまうこと)しにくいようになっています。

そのコーティングを削り取ると、デッキの寿命を縮めてしまうので、注意します。

P1490720

やすりをかけ、粉を落としたら、ビス穴を。

だんだん太くなっている “くじり” は非常に適しています。

P1490722

P1490723

次は足回り。

ウィールにベアリングをはめながら、正常に回るかなど、確認していきます。

P1490724

P1490726

せっかくの新品のウィールが汚れないように、ツールを拭くのも忘れずに。

P1490727

P1490728

P1490731

P1490732

P1490733

P1490734

P1490735

幅のあるウィールは、スペーサーを入れた方がベアリングの負担が少なく済みます。

P1490736

P1490737

P1490738

しっかりはまって、まっすぐ回れば完成。

P1490740

ベアリングの入ったウィールを、トラックに装着していきます。

P1490741

P1490742

トラックのシャフトは金属なので、錆びやバリが出ていることもあるので、

潤滑剤代わりに最初に薄くオイルを塗っておくといいかと思います。

僕が使っているのはNinjaの流れ出にくい重ためのオイル。

一番最初にスケートを教えてもらったT-19のKIKSさんカラーが気に入っています。

僕はこの瞬間が結構好きで「このデッキで怪我なく楽しんでスケートしてもらえたらいいな」

なんて、自分の始めた頃を思い出しながらオイルを塗っていきます。

P1490744

P1490746

P1490747_edited

P1490750_edited

サイドのアクスルナットは締めすぎてシャフトが飛び出ないように注意します。

シャフトが飛び出ていて消耗してしまうと、最悪の場合トラックごと交換になってしまうことも避けられません。

アクスルナットはそれを守る大切なパーツです。こまめに交換を。

P1490753_edited

片方が完成。良いルックスです。もう片方も同じように。

P1490756_edited

P1490757_edited

P1490758_edited

P1490762_edited

P1490766_edited

P1490767_edited

P1490769_edited

P1490771_edited

足回りが組みあがったら、あとはボルトでデッキと止めるだけ。

P1490772_edited

P1490774_edited

これも細かいことですが、トラックは大半が輸入品で海外で製造していることもあり、

新品でも多少のキズが付いているものです。

僕は、ユーザーが目にする機会の多いノーズ側に、

できるだけキレイな方を選んでセッティングするように心がけています。

せっかくの一台でも、いつもキズが目に入ってしまったら、気分が落ちてしまうと思うので。

P1490775_edited

P1490777_edited

P1490779_edited

P1490787_edited

トラックがついたら、最後にキングピンナットの調整を。

P1490818_edited

こちらのナットもキングピンが飛び出さないように締めていきます。

ユーザーの体形を見つつ、体重がありそうな人はすこしキツめに締めたり、

女性や小さい子にはゆるめに締めておきます。

普通体形の男性の方は、キングピンとナット面がピッタリ合うツライチがオススメ。

なぜかと言うと、設計者はこのツライチの状態での動きを計算してトラックを製造しているからです。

ツライチの状態がそのトラックの「本来の動き」であり設計者が描いた「至高の動き」なわけです。

 

あと、最後の最後に、、

これは個人的なこだわりなのですが、ナットは必ずタテかヨコにそろえておきます。

なぜなら、キングピンナットのゆるみが初心者のユーザーでも目で見てハッキリと分かるからです。

ココがいきなり外れて鬼ゴケ…なんてこともまれにありますし、

キングピン不良なども発見しやすくなります。こんなことやってるのは僕だけかと思いますが。笑

P1490820_edited

終わったら後片付けも忘れずに。

P1490817

ようやく完成です。複雑なデッキテープオーダーなどでなければ

所要時間15分くらいで組みあがりです。

P1490822_edited

Text by EVAN

Photo by NDEMN

 

 

 

特にこんな内容にしようと決めていたワケじゃないんですが、流れで出来上がった今回のブログ。

単純にデッキを組むプロセスだけじゃなく、一スケーターとして、スケートギアを人に手渡す事もする「人」としての姿勢や視点が垣間見える形になりました。

 

普段通りに自然に撮っていっただけですが、イイものになったんじゃないでしょうか。

おそらくLafayette史上初のコラボブログにw

 

EVANは本当に色々スケートの事に詳しいので、希望を伝えるとまるでYES or NOのチャートみたいに最短で具現化してくれるので気軽に聞いてみてください。

 

 

P1490796

P1490802

P1490811

@evanhayashi10

 

 

 

 

 

 

 

 

P1490829_edited

 

 

さぁこれでまた楽しみが増えた。

 

NDEMN

instagram.com/ndemn

» BLOG HOME

goody goody Vol.8 recap – 2017/9/10(sun)

17th Sep 2017 by

先日開催された、Lafayette Fujisawaが主催するイベント『goody goody』。

 

会うたびに「雨男」といわれ、

晴れ間が隠れて雲行きが怪しくなる度に皆からは無言のプレッシャー。

 

そんな雨男が2017年は何か違う。

ここ最近、自分が関わったり主宰するイベントがことごとく晴れ。

この日も雲一つない「晴れ」。

連戦連勝です。

 

晴れのフリカル、盛り上がらないわけがナシ。

 

当日の様子をご覧下さい。

 

_GEN5709_R

_GEN5710_R

_GEN5743_R

_GEN5767_R

_GEN5779_R

_GEN5796_R

_GEN5822_R

_GEN5845_R

_GEN5897_R

_GEN5902_R

_GEN5904_R

_GEN5909_R

_GEN5926_R

_GEN5929_R

_GEN5956_R

_GEN5958_R

_GEN5962_R

_GEN5975_R

_GEN5979_R

_GEN6034_R

_GEN6042_R

_GEN6082_R

_GEN6083_R

_GEN6109_R

_GEN6146_R

_GEN6153_R

_GEN6118_R

 

 

Photos by

gen iwagami
https://www.instagram.com/gen__g2n/

 

“goody goody” Vol.8 Presented by Lafayette Fujisawa

@Global Kitchen Free Culture

 

Live/
G.RINA & MIDNIGHT SUN
in-d
43K&cheap songs

DJ/
SEX山口
FENCER
another sun
ABESTREEM
BLACKGUARD ENTERTAINMENT
TAKE-C
DRAISHI

 

supported by
太陽ぬ荘

 

 

久々の開催というのもあり、皆さんやらかしてましたねー。

 

職種も年齢も好きな音楽も違う人達が自然と同じベクトルに向かってるパーティーだなと改めて実感。

ベストなパフォーマンスをしてくれるアーティスト、感度の高いお客さん、最高な場所を提供してくれるフリカル。

皆様のお陰でこのパーティーは成り立ってます。

 

本当に皆にありがとうを言いたい。

 

#goodygoodyparty

 

次回のgoody goodyはいつになるか。

 

あ、今度から「晴男」と呼んでください。

 

 

A-TOY

» BLOG HOME

Hotel Blue’s New Video

1st Sep 2017 by

Lafayette FUJISAWAでも何度か取扱い、

瞬く間に即完売しているまぼろしとも言える大人気ブランド

Hotel Blue。

 

New york発。イーストコースト待望の新星。

めちゃくちゃかっこいいブランドですので、知らなかった方はぜひチェックを。

 

insta

Privilege NewYorkでも展開中。

ローカルコネクションで親交があるんですよ。

 

スケートシーンでは、

こういうスモールカンパニーが一昨年あたりから乱立していたのですが、

その中でも着実にシェアを伸ばし、コレクションも年2回から年4回にステップアップ。

 

成功しているカンパニーと言えるのではないでしょうか。

 

そんなHotel Blueより、新たな映像が公開されました。

hotel blue

若手も増えていて、良い感じ。

 

スモールカンパニーらしく、有名ライダーはいませんが、

コンパクトな経営で、少数精鋭のライダー陣。こういうのがいいんです。

 

Hotel Blue “Rough Luxury”

 

チェックまだの方はぜひ。

Rezzaかっけー

 

知らなかった方はぜひ旧作も。

 

次回入荷は、New Yorkで雪が降る頃かなぁ

 

 

» BLOG HOME

Lafayette Fujisawa presents – goody goody Vol.8 –

29th Aug 2017 by

久々の開催です!!

#goodygoodyparty

待っていた方もそうでない方も、お待たせしました!!

 

まさかの今年初の開催です!!

もはや、気まぐれ開催が定着してきた感じです。

待たせていた分の期待を裏切らないのが、こちらのパーティー。

goody_omote

goody_ura

 

個人的にも地元で見てみたかった待望のG.RINAさん。
バンドセットでのライブとなるG.RINA & MIDNIGHT SUNをゲストLIVEに招きました。

ソロアルバムをリリースした、Lafayetteの元スタッフでもあるin-d。
「地元でリリパやるならgoodyで」って事で2つ返事で参戦決定!!

 

来月の9/10(日)開催!

goody goodyらしいat homeな雰囲気を是非ご堪能下さい。

 

 

“goody goody” Vol.8 Presented by Lafayette Fujisawa

@Global Kitchen Free Culture

 

9/10[sun]
start:16:30
close:0:00
Charge:2000yen[1DRINK別]

 

Live/
G.RINA & MIDNIGHT SUN
in-d
43K&cheap songs

DJ/
SEX山口
FENCER
another sun
ABESTREEM
BLACKGUARD ENTERTAINMENT
TAKE-C
DRAISHI

 

supported by
太陽ぬ荘

 

 

□info

Lafayette藤沢店
〒251-0023
神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-1 藤沢駅前ハイム2F
0466-50-4205
藤沢駅南口 徒歩1分

Global Kitchen Free Culture
〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢556 辰巳ビル1F
0466-26-4880
藤沢駅北口 徒歩2分 サンパール駐車場正面
tabelog.com/kanagawa/A1404/A140404/14008342/

 

 

皆様のご来場をお待ちしております。

 

A-TOY

» BLOG HOME

MARKESTA at Mar-vista Garden 2017.9.3

24th Aug 2017 by

今年の3月にスピンオフで茅ヶ崎のMar-vista Gardenで開催して大盛況にて幕を閉じた”MARKESTA”

前回は雨天の為、規模を縮小させて”Pre Markesta”として店内で開催でした。

 

1U5A1295-1_R

1U5A1004-1_R

1U5A1051-1_R

1U5A1103-1_R

1U5A1376-1_R

1U5A1604-1_R

 

今回は面子もパワーアップして待望の野外でのリベンジ開催です。

青空の下でのマーケットは雰囲気も抜群だと思います。

 

IMG_5485

開催場所によって、それぞれの出店者が出品するアイテムを変えているのも見どころ。

久々にMARKESTAに出店の鵠沼海岸のセレクトショップ「Buscape」

横乗りカルチャーをライフスタイルで体現している注目のブランド「SURREAL」

など、今回も注目のSHOPが参戦しています。

 

出品アイテムも毎回好評で質の高いアイテムが集まることで有名なMARKESTA。

毎回出店してる面子も湘南のセレクトショップ、古着屋、クリエイター、アーティストたち中心で構成されています。

アンティークものから実用品、手作り品まで、ファミリーで楽しめるフリーマーケット。

 

 

また湘南を中心に活動するアーティスト達のLIVEパフォーマンスやDJタイムなどもあり、

初出店の「ミナミカレー」を始め、FOODやDRINKも地元に根付いて活躍しているお店さんが出店します。

今回も盛りだくさんの内容で今回のMARKESTA開催です。

IMG_5499

IMG_5500

 

 

=================================================================

MARKESTA

【日時】9/3(日) 10:00〜17:00

【場所】Mar-vista Garden
神奈川県茅ケ崎市東海岸南2-11-15

TEL 0467-38-4141

【出店者】
•Lafayette
•Buscape
•Carpe diem
•Ar.handmade
•Amiga
•surreal
•lunetta
•Kiss the Girl

【Food】
•ミナミカレー
•coyuricakes
•Bridge Room
•Markesta Bar

【Live】
夜久一

【DJ】
Tribe Records

※雨天時は中止とさせて頂きます。
.
※お車でお越しのお客様は、お店近くのコインパーキングか近隣の駐車場をご利用ください。
当日は渋滞も予想されます。又、駐車場は限りがございますので公共機関でのご来場をお勧めします。
茅ヶ崎から徒歩18分、散歩にも丁度いい距離です :)

=================================================================

 

 

今回のLafayetteブースですが巷で話題を呼んでいる
「FUJISAWA CITY」、「SHONAN CITY」のCITYグッズを販売いたします。

現在のところ、催事でしか買うことのできないCITYグッズ。

是非この機会に!!

また自分の私物も少し持っていきますのでこちらもお楽しみに!

 

詳しくはMARKESTAのインスタグラムで情報公開するので気になる方はフォローお願いします↓

https://www.instagram.com/MARKESTA_MARKET/

 

デイタイム開催なのでお子さん連れファミリーなども気軽に来れると思います。

9月3日は茅ヶ崎Mar-Vista Gardenへ是非お越しください。

 

 

A-TOY

» BLOG HOME

SPECIAL NOVELTY!!!

2nd Jul 2017 by

カラビナノベルティ17SS

 

お買い上げ合計金額¥10,000(税抜)以上お買い上げのお客様に先着でLafayette Logo Carabinerをプレゼント!!!

※数に限りがございますので、限定数に達した時点で配布終了とさせていただきます。

7/3(月)からLafayette/PRIVILEGEの各店舗で実施しておりますので、是非この機会をお見逃しなく!

※PRIVILEGEはTOKYO/NIIGATAのみ実施しております。

 

» BLOG HOME

INTO THE WILD by NDEMN

20th Jun 2017 by

最近FUJISAWAのストアマネージャー EVAN @evanhayashi10 に教えてもらったヤツがヤバかったんです。

もちろんスケート絡み。

 

FUJISAWAではスケートギアを扱っているんですが、そんな中でちょっと気になることがあって、話の中で教えてもらった事なんですが特にスケートするわけではなかったんで知らなかっただけにこれはヤバいw

こんなのあったんですね。

 

カクタスにドハマりしたおかげであちこち各地に行くんですが、例えば片道3.5時間ぐらいの長野だと朝3~4時起き、5時から出発して一日数件業者さんを回り、間には最長高速で1時間の移動を含み、温室は4~50度ちかくもあるガン照りの異様な空間。

そこでそれぞれ数時間過ごし、だいたいの業者さんのクローズ17時までめいっぱい動いて、やっとまともに座ってメシ、ぐらいの勢いなので日帰りはなかなかハード。

時間に余裕があれば一泊したいとこだけど、その分ゲトりたい。

 

って思いだしたら、そういえば #VANLIFE とめちゃくちゃリンクして。

もともと昔から興味あったんですが、「車を持たないライフスタイル」にしようとVOLVO 240を手放してからはピストとクルーザーと電車か飛行機だったんですが、カクタスライフには車は超必需品。タイミング的にきてるなーと。

しかし今考えると240のフルフラットはめちゃ広かったw まあそんな事もあるかと。燃費は1桁だったんでまったく使えないですが。

 

VANLIFEがどんなのかは見ればわかります。

 

 

おススメのインスタアカウントはイメージは @vanlifeexplorers @outboundliving 、ハウツーは @vanlifeideas なんかがわかりやすいかなと。

 

 

そんな気分のど真ん中を打ち抜いてきたスケートギアは、実はウィールです。

ちょっと見てみてください。

 

 

 

 

どうでしたか?

実際そんな使い方するかはわかりませんが、そもそも都市の、アーバンなものだと思い続けてきた「SKATEBOARDING」のイメージを覆されたことも大きい理由で。

同時にああ「こんな感じで楽しめる」って感覚もいいなあと。「自由」というか。

本来はそれなんだと思いますけどなかなかスケートは頑固なものだと思ってるので。

 

実際こんなシチュエーションで乗るのは技術的にも当然難しいですが、なんというかこんなマインドがいいなあと。

思ったように行ける。

 

 

 

 

俺の用途的にはクルーザーがちょうどいい。お世話になっている人にあげて手放してたんですが、これはちょっといろいろイイなぁと。

今までスケート乗った事なくてもこれには引っかかる人いるんじゃないでしょうか。

 

小さいシェイプじゃなくて、少しオールドスクールな雰囲気の幅広のデッキを現代の足回りでクルーザーに。

軽い1~2プッシュですーっとけっこうな距離だしてくれて、音は静かで安定感はバッチリ。iPhone構えるのにもストレスなくて、場合によってはフルプッシュ、ミスりそうになった電車にも間に合うような。

チャリでいうと音楽聞きながら海沿いや街中をゆるく乗るビーチクルザーにも、グイグイも走れるしちょっと遊べるクロスバイクな感じにも使える、そんなイイ感じのクルーザー。

ちょっと持ち運びには普通のより重いけど、調子がいいから結局生活に溶け込んで、なんとなくその重さも気に入っちゃえるようなヤツ。

 

 

イイなw

 

 

湘南はもちろん、いろんなエリアでこの感じは楽しめると思うんですよね。

知らなかった俺からしたらめちゃくちゃ革新的。

どこもきれいに都会的にスムースに舗装された道なわけじゃないんで、結局「スケート」としてじゃないと続かなかったりしちゃうもんだと思いますが、これなら「クルーザー」として完璧に成立するなと。

そもそも公道で乗るなみたいな夢のない話はスルーします。そんな事ばっかりじゃないでしょと。

 

いやーすげえイイなーと思うんですよね。このクルーザースタイル、FUJISAWAで推したいところ。

これ、このスタイルで乗ってみたい人けっこういますよね?

 

組み合わせをどうしようみたいな、分からなくて、その瞬間なんかいいなあって思ってもなんとなく現実に降りてこなくて流れちゃうことってあると思いますが、そういうインスピレーションって実はトライしてみると、後になって大事だなって分かる事が多かったりします。

人生が大きくも少しずつでも変わっていくキッカケって、実は最初はささいな何てことなさそうな、思いつきみたいなフィーリングで、いきなりガツンと喰らうようなのはレアな気がします。

 

試しに俺だったらこんなのが~とEVANに聞いてみたらまるでYES or NOで進む診断みたいなヤツ。

あっさり「あなたにピッタリのセッティングはこれだ!」的な答えがすぐw

 

 

正直に、このブログもスケートギアを売りたいとかそんなんじゃなく、服にしろ、それを得る事で得られる「その先にあるもの」をものにして欲しいというか、まだ見えてないそういうなんかいいバイブスへの「チケット」や「価値」みたいなものを得る手伝いをさせてもらいたいという気持ちでLafayetteにいるんで、物を売りたいだけだったり仕事としてなだけならわざわざココにはいないだろうし、このブログもさらっと紹介して終わりになってるでしょうね。

2003年、湘南の3人から始まったものが海を渡ってNYに、なんて夢があるじゃないですか。

そもそもあのウィールFUJISAWAにないのでw

 

 

 

最近は「住む・暮らす」っていうのにもちょっと新しいインスピレーションがあって色々楽しいです。

その辺はそのうち。

 

しかし新しくてパワーのある事に出会うと、拡がりがデカくておもしろいですね。

この一年はカクタスに端を発する事で大きな変化をいろいろ受けています。

やってることは本質的な部分では変わらないんですが、やっぱり新しい事にはトライし続けたいなと。

 

そろそろカクタス歴2年目に入るところ。

今までの一年とこれからの一年は、俺にとって大きな転機の一つなはず。

全力で楽しみます。

 

 

NDEMN

instagram.com/ndemn

» BLOG HOME

Lafayette Fujisawa 14周年インストアパーティー & 限定Tee リリース

11th May 2017 by

2003年5月1日。

藤沢から始まった「Lafayette」

先日、Lafayette Fujisawaはオープンから14周年を迎えました。

 

そして先月の4月22日、海外一号店として、
ブランドのルーツであるNew Yorkにヘッドショップとなる “Privilege NewYork” をオープン。

 

unnamed (1)

unnamed (3)

 

2017年はLafayette / Privilegeブランドにとって、記念すべき門出となりました。

 

unnamed (6)

 

 

 

PRIVILEGE NEWYORKでは、門出に相応しい、
今季のテーマロゴの一つ、FADE LOGOを使用したTシャツをグランドオープンに合わせてご用意。

PVLTD1

PVLTD2

PVLTD3

PVLTD4

 

 

 

NewYork LimitedとしてPrivilege New YorkでのみリリースしたこちらのTシャツを
5月13日(土)、本店である藤沢店限定で、特別リリース致します。

 

beige

m.green

brown

 

Privilege NewYork Limited
Lafayette FADE LOGO Tee ¥5,000-

 

 

 

また、5月13日(土)はLafayette Fujisawa 14周年を記念し、インストアパーティも開催。

 

unnamed_R

 

「Lafayette Fujisawa presents 14th Anniversary In Store Party」

2017.5.13(SAT)
15pm-22pm

💰💰Free Entrance💰💰
🍺🍺Free Beer🍺🍺
🍕🍕Free Pizza🍕🍕
( Trattoria Cucina G.G. )

🎧DJs🎧
FENCER
K.DA.B
URUMA
ABESTREEM
RUSTY
RAW KNIFE
YU-TA
SAW

Lafayette Fujisawa
神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-1 藤沢駅前ハイム2F
TEL:0466-50-4205

 

 

 

DJ陣は今回も藤沢ならではの面子を集めました。

また、日頃の感謝を込めて、無料でビールとピザをご用意しております。

 

PIZZAに関しては、本場のナポリやジェノバでの修行も含めて16年間キャリアを積んで、
地元「藤沢」でイタリア料理屋「Trattoria Cucina G.G.」を営む”ジョージ”さんの焼き立てピザをご提供。

Lafayette×和高醸造のHOT CHILLI SAUCEを使用した、この日限定のスペシャルピザをご用意してます。

 

13662388_765129820292711_106954169_o

DSC_0172_R

 

大変貴重なこの機会を、どうぞお見逃しなく。

 

みなさまのご来店を、スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

 

今後とも、Lafayette Fujisawaをどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

Lafayette Crew一同

» BLOG HOME

GO TO TOP